お問い合わせ

TOP

SDGsの取り組みについて

SDGs

SDGsの取り組みについて

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され
地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 
このアジェンダ(課題)の中で、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標が揚げられ
これが17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

生産現場の生産性、環境向上と、資源の有効活用に貢献します

当社『SVFシリーズ』を使用することで、ロボットピッキングを高効率で行えます。

パーツ毎にパーツフィーダを製作しなくてもよくなるため、環境資源の節約となります。

パーツフィーダの入れ替え作業が無くなることで、段取り替え工数の削減が可能です。

パーツフィーダの保管スペースが必要なくなるので、工場内の活スペース化が行えます。

従来では人手に頼らざるを得なかった単純、単調なピッキング作業をロボットに代替えできます。

弊社製品は可能な限りリサイクル可能なアルミ、ステンレスを積極的に使用しています。製品寿命を迎えた際に、リサイクル可能な素材で出来ているため資源の再利用が可能です。

【製品の約70%が再利用可能な素材で構成されています 】

弊社製品は可能な限りエアシリンダを使わないエアレス化と省エネ設計を基本としています。エアコンプレッサーの負荷率を下げることで電気使用量の低下、CO2排出削減が行えます。

【100V/10Aのパーツフィーダと比較し消費電力、CO2排出量共に約1/7の削減が可能(SVF-100)】

弊社製品は直感的に操作が可能なタッチパネルインターフェイスを備えているので、試用~実運用、条件出しや再セットアップなど、誰でも簡単に操作が可能です。

個人個人が意見を言いやすい社内環境を整備しています

従業員全員が専門分野に留まらず、様々な職をカバーできるような体制としています。
職種・男女が対等な立場での情報伝達・注意喚起ができるような環境を整備し、子育て支援や介護支援を
会社全体で行える体制を構築しています。